黒汁(KUROJIRU)を開発した青汁王子とは!?

黒汁(KUROJIRU)の開発した人は、あの青汁王子なのです。青汁王子って、一時すごくテレビに出演していましたよね!その青汁王子が黒汁(KUROJIRU)を作ったそうなのです。でも、そもそも青汁王子ってどんな人なのでしょうか?黒汁(KUROJIRU)のことも知りたいけど、青汁王子についてあまり知らなかったという人は今知っておきたいですね。

 

ここでは、黒汁(KUROJIRU)を開発した青汁王子についてご紹介いたします。

 

【黒汁(KUROJIRU)の開発者青汁王子とは?】
青汁王子とは、本名「三崎 優太」さんという方です。なんとまだ28歳という若さ!すごく若いですよね!ちなみに独身です。

 

そんな青汁王子こと三崎優太さんは、株式会社メディアハーツの代表取締役社長を務めています。このメディアハーツという会社、今とても美容や健康商品で売れていて、その年商は130億円にも上るのです。そんな年商130億円を占める会社の社長の年収は10億円と本人が好評していました。

 

さすが10億円も稼いでいると、乗っている車も最高級の車で、2000万円するBMWに乗っているそうです。

 

【青汁王子と言われる訳】
では、どうして三崎優太さんが青汁王子と呼ばれるようになったのかというと、三崎優太さんが以前開発したすっきりフルーツ青日がダイエットしたからなのです。その売れ行きはすさまじいもので、1秒に5杯売れる青汁へと成長します。

 

どうしてここまでかなり人気が出たのかというと、すっきりフルーツ青汁の飲みやすさから人気が出ました。青汁というと、青臭くてとてもまずいというイメージがあったのですが、このすっきりフルーツ青汁はそんなイメージを一斉してしまう程の美味しさなのです。そのためとても人気が出て、三崎優太さんは青汁王子と呼ばれるようになりました。

 

また、価格の安さも人気のヒミツです。すっきりフルーツ青汁は、初回購入価格が630円とかなり安いのです。そのため、購入する人が後を絶たないということもありますね。

 

【黒汁(KUROJIRU)について】
そんな青汁王子が次に手がけたものが、黒汁(KUROJIRU)です。名前からしてすごいインパクトですが、これ、ダイエット商品なのです。チャコールダイエット商品になり、炭を使っているので商品は真っ黒。

 

でも、チャコールダイエットというと味があまりしなくて飽きてしまうという人もいましたが、黒汁(KUROJIRU)には黒砂糖や玄米が入っているので飲みやすく継続しやすいのです。

 

【黒汁(KUROJIRU)開発者青汁王子についてのまとめ】
ここでは、黒汁(KUROJIRU)の開発者である青汁王子についてご紹介しました。青汁王子の本名は、三崎優太さんという方で、28歳という若い方でした。この三崎優太さんは、28歳なのに、株式会社メディアハーツの代表取締役社長を務めており、年収は10億円にも上ります。

 

身につけているものや乗っている車などもとても高いものばかりなのですが、そんな三宅優太さんが新しく手がけた商品が黒汁(KUROJIRU)でした。黒汁(KUROJIRU)は、チャコールダイエット商品になります。チャコールダイエットでは、あまり味がしないということが特徴でしたが、黒汁(KUROJIRU)には黒砂糖や玄米が配合されているので、とても飲みやすいですよ!

 

>>黒汁(KUROJIRU)の詳細はこちら